その他の保険について - 保険相談 見直し.jp - 秋田

HOME > 目的別保険相談 > 自転車保険は加入しておくべきでしょうか?

その他の保険について

自転車保険は加入しておくべきでしょうか?

2016年01月20日

【ご相談事例】

最近、自転車保険の広告をよく目にします。
道交法の改正が影響しているのだと思いますが、実際の加入率はどうなのでしょうか?
やはり加入すべきですか?

【ご回答】

2015年6月1日から自転車を運行中の罰則を強化する道路交通法の改正が行われました。

おっしゃる通り、以前よりも自転車保険の露出度が高くなった背景にはこの改正が大きな影響をおよぼしています。
とはいえ、加入率はあまり上がっていないのが実情です。

2015年10月時点での加入率は自転車を利用する人の約二割という統計が出ていますが、実際はもっと低いものと思われます。

これについて考えられるのは、「自転車は気軽に乗れる乗用具である」という認識、そして「自動車事故ほど大きな損害にいたらないだろう」という先入観があるからではないでしょうか?

事実、自転車を恒常的に利用するのは通学を目的とした学生が大半です。

ただし、自転車対自動車の過失割合が法廷で自転車の過失大として逆転したり、後遺障害で数千万円の賠償責任が命じられるといった判例が珍しいものではなくなりました。

保険の加入契機に「事故が起こったので今後に備えて」という理由をよく耳にします。
これでは保険の意味がありません。

自転車の利用状況についてご相談いただければ、自転車保険だけでなく交通傷害保険などの提案も可能ですので、お気軽にご相談ください。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

その他の保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 貝森 良信

運営会社情報

東海サポ―ト株式会社

営業時間/
9:00~18:00 土日もOK!

大館店

東海サポ―ト株式会社 大館店

〒017-0045
秋田県大館市中道1丁目8-32

TEL/ 0186-44-5670
FAX/ 0186-42-7020

能代店

東海サポ―ト株式会社 能代店

〒016-0014
秋田県能代市落合字上悪土164

TEL/ 0185-89-6888
FAX/ 0185-55-2110

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

TQⅡ 2011年~継続認定

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。